70ー80年代ロック名曲セレクション

ハード、ポップ、プログレ、ファンク、・・・等々、1970ー1980年代の洋楽ロックの名曲を独断と偏見でご紹介。この曲達を聞かずして、ロックを語ること無かれ。

ジェフ・ワトソンのエイト・フィンガー奏法が炸裂するギター・ソロが圧巻の名曲! Night Ranger "(You Can Still) Rock In America" (1983)



収録アルバム "Midnight Madness"(邦題:ミッドナイト・マッドネス)


amazonでこのアルバムをチェックする

 

今回はアメリカのハード・ロック・バンド、ナイト・レンジャーが1983年にリリースしたセカンド・アルバム、"Midnight Madness"(邦題・ミッドナイト・マッドネス)に収録されている、ギター小僧大興奮の名曲、"(You Can Still) Rock In America"(邦題:ロック・イン・アメリカ)をご紹介します。

 

ナイト・レンジャーについては、以前にデビュー・アルバムから 「ZOKKON命(ラブ)」パクリ疑惑の "Don't Tell Me You Love Me" をご紹介しました。

 

www.ogirock2519.xyz

 

ナイト・レンジャー1982年、アルバム "Dawn Patrol"(邦題:ドーン・パトロール)でデビューします。

タイプの異なる二人のリード・ギタリスト、

■ ジェフ・ワトソン

■ ブラッド・ギルス

のギター・プレイや、二人のリード・ボーカリスト、

■ ケリー・ケイギー(Drums)

■ ジャック・ブレイズ(Bass)

の若々しいエネルギッシュなボーカルが話題となり、キャッチーでポップなハード・ロック・ナンバーが若者の大きな支持を集め、大人気となりました。デビュー・アルバムは全米チャートで38位、日本の洋楽チャートでも33位を記録しています。

 

そして翌年の1983年、セカンド・アルバムの "Midnight Madness" をリリースします。

デビュー・アルバムの軽快でキャッチーなハード・ロックという路線を継承し、さらにパワー・アップしたような本作も日米で大ヒットを記録しました。全米アルバムチャートでは15位、日本の洋楽チャートでも17位という前作を上回るセールスで、バンドとしての地位をしっかりと築くことになりました。

 

今回ご紹介する曲、"(You Can Still) Rock In America" ですが、これぞナイト・レンジャー!というゴキゲンでノリノリの軽快なロックンロール・ナンバーです。イントロからキャッチーなギターのリフが炸裂し、その勢いのままに突っ走っていくのですが、圧巻は間奏のギター・ソロで聴ける、ジェフ・ワトソンのエイト・フィンガー奏法でしょう。

 

通常、ギターは(右利きの場合)左手の4本の指で弦を押さえて、右手のピックで弦を弾いて音を出しますが、それに「ハンマリング・オン」(左手の指で弦を叩く)「プリング・オフ」(左手の指で弦を引っ掛けて離す)を組み合わせて、複雑なフレーズを演奏することが可能になります。

さらにそれに加えて、右手の指でも「ハンマリング・オン」と「プリング・オフ」を行うのが「ライトハンド奏法」と呼ばれるもので、当然、左手だけで弦を押さえる/離すよりも、複雑かつ滑らかなフレーズの演奏が可能になります。

この奏法は、ジャズ・ギターの世界ではかなり古くから(1950年代)から行われていたようですが、現在のようにギター奏法として市民権を得るようになったのは、ハードロック・バンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エドワード・ヴァン・ヘイレンの業績が大きかったと言えます。

もちろん、技巧派のギタリスト達はそれぞれに挑戦を行っており、ブライアン・メイ(クイーン)、スティーブ・ハケット(ジェネシス)、アラン・ホールズワース(ゴング)などが例として挙げられますが、人気、注目度、インパクトなどの点から、エドワード・ヴァン・ヘイレンの功績には素晴らしいものがあったと思います。

 

今回ご紹介するジェフ・ワトソンのエイト・フィンガー奏法は、そのライトハンド奏法の発展形で、右手の(親指を除いた)4本の指を駆使して「ハンマリング・オン」「プリング・オフ」を行い、聴覚的にも視覚的にもインパクトのあるギター・ソロを完成させていますね。

 

www.youtube.com

 

アルバム "Midnight Madness" ですが、この曲以外にも、シングル・カットされて全米5位の大ヒットとなったバラードの名曲 "Sister Christian"(邦題:シスター・クリスチャン)や、メロディアスなハード・ロック・チューンで全米14位のヒットとなった、"When You Close Your Eyes"(邦題:ホエン・ユー・クローズ・ユア・アイズ)などの素晴らしい曲が満載で、完成度の高い聴き応えのある作品に仕上がっています。

 

ぜひこのアルバムをお聴きいただき、ノリノリのロック・ナンバーの中でキラリと光るプロの技を堪能していただければ、と思います。

 

amazonでナイト・レンジャーの他の作品を見る