70ー80年代ロック名曲セレクション

ハード、ポップ、プログレ、ファンク、・・・等々、1970ー1980年代の洋楽ロックの名曲を独断と偏見でご紹介。この曲達を聞かずして、ロックを語ること無かれ。

Leave Me Alone 【AIRPLAY】 (1980)



収録アルバム "AIRPLAY"(邦題:ロマンティック)

 

 

今回から3回連続で「ジェイ・グレイドン祭り」を開催します!

ジェイ・グレイドンは、アメリカ西海岸を代表するプロデューサー、ギタリストで、その手腕を買われて様々なミュージシャンのアルバムをプロデュースし、またギタリストとしてレコーディングに参加しています。この頃の洋楽が好きな方なら、きっと一度はその演奏を耳にしているはず。また、日本のミュージシャンのアルバムでも数多く演奏しています。

その彼が、やはりアメリカを代表するプロデューサーでありスタジオ・ミュージシャンであるデヴィッド・フォスターと意気投合し、立ち上げたプロジェクトが "AIRPLAY" であり、このアルバム1枚のみを "AIRPLAY" として発表しています。実力派ミュージシャン二人が(彼らが信頼をおくミュージシャンを集めて)作ったアルバムなので、完成度が低いわけがありません。基本は "AOR" と呼ばれる洗練された都会的なロックなのですが、ちょっと突き抜けた曲あり、ホーン・セクションの効いたファンク調の曲あり、美しいバラードあり、と、何度でも聴くことのできる、名盤中の名盤だと思います(アース・ウィンド&ファイヤに提供したバラードの名作 "After The Love Is Gone" もセルフ・カバーしています)。

ジェイ・グレイドンのギターは、程よくオーバードライブのかかった、とても円やかで耳障りの良いサウンドです。ソロ・フレーズも決して奇抜ではなく、超早弾きという訳でもなく、非常に滑らかな運指でスケールの高音から低音までをスムーズにアップ・ダウンしていくのが印象的です。それだからこそ、時折聴かせるトリッキーなフレーズが効果的なのでしょうね。

このアルバムでも、そんなジェイ・グレイドンのプレイが充分に堪能できます。速い曲でのリズミカルで疾走感のあるフレーズ、バラードでの泣きのフレーズなど、どれを取っても素晴らしい演奏です。また、何重にもダビングされたギター・オーケストレーションも、随所で聴くことができます。

「この曲」という1曲を選ぶのが非常に難しいのですが、ジェイ・グレイドンの遊び心も感じられる、"Leave Me Alone" を選んでみました。

テンポの速い、"AOR" と呼ぶにはノリのいいロック的な仕上がりの曲ですが、ボーカルの裏でチョッパー的な音を出したり、間奏のギター・ソロでトーキング・モジュレーターを使ってるあたり、グレイドンにしては珍しくいろいろやってくるなーという感じですね。それでも、ボーカルの合間のフィル・インではしっかりグレイドン節を聴かせてくれるのがとても嬉しいです。

その後のロックのアルバム作りに多大な影響を与えたと言われるこの1枚、まだお聴きでない方は、ぜひ!

次回もまた、ジェイ・グレイドンの名演について書きます!